『若き信長の知られざる半生』--尾張のうつけ者が桶狭間で今川侵略軍を撃破するまで、その26年の歩みを解く、新釈織田信長史! 著:水野誠志朗 現地を歩いて長年の謎を解いた「新説・桶狭間の戦い」も収録

天才、戦国の覇者である織田信長だが、その前半生は意外と知られていない。本書は、誕生からの16年、父信秀の死後に孤独な戦いを始めてから約10年――桶狭間で勝つまでのこの26年の前半生を年ごとに詳細に検証する書籍である。幼年期の信長は父の戦いを見て何を感じたのか? うつけ者と呼ばれたその真意は? 今川氏との因縁の歴史、そして自前の軍勢を組織して戦うその姿……。
また本書では「新説!桶狭間の戦い」を収録。当時の今川義元の追い込まれつつあった状況、実はその時義元は撤退中だった、などなど。新説により、これまで長きに渡って「謎」とされてきた信長勝利の秘密を解き明かします!

信長の足跡などを辿れる「ゆかりの地」のガイドも充実。本書片手にフールドワークに出かけて、若き信長の心情をリアルに感じられます。

created by Rinker
ぴあ
¥1,650 (2024/02/21 16:41:19時点 Amazon調べ-詳細)

【発刊概要】
『若き信長の知られざる半生』 著:水野誠志朗
2022年12月20日発売
定価:1,650円(税込)
A5判・164ページ・オールカラー
発行:ぴあ株式会社

■■■■ 新説・桶狭間の戦い ■■■■
少数の信長勢がなぜ大軍の今川勢に勝利できたのか? これまで長きに渡って謎とされてきたこの問題に、著者・水野誠志朗が明快に答える。地元・名古屋在住の歴史ライターが現地をつぶさに歩き、地形や距離感なども考慮しながら、信頼できる史料をもとに導き出した新説とは!?

<CONTENTS>
序章  研究が進む若き時代の信長
信長時代の尾張と三河
尾張と三河全図
祖父信貞の身分と活躍
主要人物相関図

第一章  器用の仁 父信秀の活躍
1533年から1540年までの出来事
第二章  信秀の絶頂と没落
1541年から1551年までの出来事
第三章  信長9年戦争の幕開け
1552年から1554年までの出来事
第四章  今川を押し返し尾張統一
1555年から1560年までの出来事
第五章  新説!桶狭間の戦い
両軍の移動図
桶狭間の戦いの謎は義元が撤退していた、で解ける
新説で現地を歩く
巻末特別企画 光秀の末裔、明智憲三郎氏に聞く若き信長