「SAKURA GUILD GAMES」と「Fantasy Tech Inc.(PolkaFantasy)」がパートナーシップ契約締結に合意! 〜SGGが「Legendary Guild」に!〜

SAKURA GUILD GAMES PTE.LTD.(以下、SGG)は、日本のアニメ(二次元カルチャー)に特化したブロックチェーンゲーム 兼NFTマーケットプレイスである「PolkaFantasy(ポルカファンタジー)」を運営するFantasy Tech Inc.と、戦略的かつ協力的なパートナーシップ関係を構築することにつき合意しました。SGGは、PolkaFantasyの世界に「Legendary Guild」として参入することになります。

PolkaFantasyについて
PolkaFantasyは日本のアニメ・ゲーム文化やJRPGにインスパイアされたブロックチェーンゲーム・NFTマーケットプレイスをメインコンテンツとするNFTプロジェクトです。
ゲーム✕ブロックチェ―ン領域において画期的なシステム、そして非クリプト圏をも魅了するエンターテインメント性の高いゲーム開発を追求し、プレイを通して収益を図ることや、コミュニティーを形成し交流ができる等、革新的なユーザー体験を提供するエコシステム構築を目指しています。

【PolkaFantasy公式チャンネル】
公式ウェブサイト:https://polkafantasy.com/jp/
Twitter(グローバル): https://twitter.com/PolkaFantasy
Twitter(日本語): https://twitter.com/PolkaFantasyJP
テレグラムチャンネル(日本語): https://t.me/PolkaFantasyJP
ブログ(日本語): https://note.com/polkafantasy

ギルドとは?
ブロックチェーンゲーム上で収益が上がりやすい価値の高いNFTをギルドに所属するプレーヤーに貸し出し、
ゲームに関するノウハウを共有。ゲーム内で得られた収益をNFTを貸し出したプレーヤーに還元する組織のこと。
SGGでは、NFTの貸出しに併せて、独自のゲーム攻略法なども共有しています。
プレーヤーの日々の結果を観察し、ゲームに関するアドバイスや個々に適したNFTバランスを見極めて配布。
日本人ならではの丁寧なフォローで収入をあげやすくするサポートをしています。

Play and Earnとは?
BCGではゲーム内で得た収入やポイントを暗号通貨に替えて、取引所等で売買ができるようになりました。
この、ゲームで遊びながら収入も得られることが「Play and Earn」と呼ばれています。

日本ではまだ知られていない新しい取り組み、スカラーシップ制度
スマートフォンとインターネット環境さえあればゲームで遊ぶだけで収入を得られるようになり、貧困や雇用問題を多く抱える国でPlay and Earnは急激に成長しました。

BCGを始めるにはゲームごとにNFTの購入が必要になります。
より価値の高いNFTを所持していることでゲームを有利に進めることができますが、価値の高いNFTは高額なものも多いため、ゲームに参加したいがNFTを購入出来ないユーザーにSGGが保有しているNFTを貸出し、代わりにゲーム内で得た報酬の配分をもらう制度がスカラーシップ制度です。

SGGについて
SGGは、「ギルドを通して世界に人々の笑顔を咲かせる」のビジョンのもと、シンガポールを拠点に、GameFi領域を中心にギルド事業を展開しています。2021年12月より、「Digital Entertainment Asset Pte. Ltd. 」の公式認定ギルドとして、同社のゲームタイトル「Job Tribes」において、アジア中心にスカラーシップ制度の運用を行っています。また2022年4月には、「元素騎士Online -META WORLD- 」の公式ギルドとなることを発表し、元素騎士オンラインにも参入することになっています。
2022年3月31日時点では、Job Tribesの公認ギルドとしては世界最多の約1,500人のスカラーにNFTを貸し出しており、また、約7,000人の方から当ギルドへの参加希望を頂いております。今後、提携GameFiや貸出NFT、デッキ数の増大などを通じて更に事業を拡大し、より多くの方に「Play and Earn」を体現して頂き、ビジョンの実現を目指します。

※公式サイト:https://sakuraguild-jp.mystrikingly.com/

-SGGについてさらに詳しく知りたい方は、公式のDiscord(無料コミュニティ)にご参加ください。
【URL】 https://discord.com/invite/MknqCnCh5V

トピックス

Posted by 管理者