京都・東本願寺の庭園を堪能 御用庭師が名勝 渉成園の 魅力を伝えるイベント、1月9日~29日開催

京都・東本願寺の御用達を務める「植彌加藤造園株式会社」(京都府京都市)が、東本願寺の飛地境内地「名勝 渉成園」において、この冬、お庭を深く味わっていただける企画をご用意しました。

園内各所に設置された「見処CUBE」を探して庭園散策を楽しむ「見処QR散策」のほか、庭師の技を間近で見れる「松の葉透かし剪定実演」や『渉成園記』の著者「頼山陽」の生誕日にあわせて開催する「煎茶講座」、「渉成園喫茶去」など関連企画も盛りだくさん!

通常非公開の書院「臨池亭」「滴翠軒」で休憩できる日もあります。

日々、お手入れを行う御用庭師だからこそお伝えできる名勝庭園の魅力を堪能出来るイベントです。

■詳細はこちら

「渉る、到る処に―庭師が誘う冬の庭―」特設サイト: https://shizenbunka.com/shoseien/

【開催期間】   2023年1月9日(月祝)~29日(日)

【会場】     東本願寺飛地境内地「名勝 渉成園」

【主催・企画制作】植彌加藤造園株式会社

https://ueyakato.jp/

【協力】     おひがしさん門前未来プロジェクト

https://www.monzen.serd.jp/mirai-project

※「観光庁 既存観光拠点の再生・高付加価値化推進事業」採択事業

※モニター企画につき参加無料!!

※渉成園参観料(庭園維持寄付金)は必要

「渉成園」の名前は、中国の詩人陶淵明の「帰去来辞」の一節「園日渉而以成趣」(園、日に渉って以って趣を成す)よりとられています。

日毎、季節毎に、時代を越えてその美しさが続くように。海を越えて、多くの皆様に愛されるお庭であって欲しい。そう願いながら、東本願寺御用達を務める、植彌加藤造園の庭師が、日々お手入れをしています。

“見処”は、「ここで景色を見てください。」という庭師からのメッセージ。庭師が園内に設置した『見処CUBE』に二次元コードをつけていますので、庭園散策しながら、“見処”を見つけてください。二次元コードを読み取ると、庭師からのメッセージが表示されます。

■渉成園概要

公式HP: https://www.higashihonganji.or.jp/about/guide/shoseien/

東本願寺の飛地境内地の庭園。1641(寛永18)年に三代将軍・徳川家光から当地(約1万坪)が寄進され、石川丈山の趣向を入れた作庭がなされました。庭園には四季折々の花が咲きほこり、変化に富んだ景観は「渉成園十三景」と称されています。1936(昭和11)年には、文人趣味にあふれる仏寺庭園として、国の名勝に指定されています。

<アクセス>

〒600-8190 京都市下京区下珠数屋町通間之町東入東玉水町

JR京都駅より徒歩10分、地下鉄・五条駅より徒歩7分、市バス・烏丸七条より徒歩5分

<新型コロナウイルス感染防止について>

参加者の方にマスク着用をお願いします。各所に消毒液を設置します。お部屋のご利用については、定員を設け、入場制限・時間制限を行う場合があります。また緊急事態宣言などが発令された場合は中止または期間や時間などを変更する場合があります。

トピックス

Posted by 管理者