持田香織さん考案コピー「さよなら、こむぎ」特設サイトをオープン ~暑い夏にぴったりな「ZENBヌードル細麺」3レシピを7~8月にかけて公開~

株式会社ZENB JAPAN(ゼンブ ジャパン)(愛知県半田市、以下ZENB)は、ZENBを愛用いただいてるアーティスト持田香織さん考案の「さよなら、こむぎ」をメインコピーに採用し、2022年7月28日(木)から記念特設サイト(https://zenb.jp/pages/sayonarakomugi)をオープン。特設サイトでは、7~8月にかけて、小麦でも米でもない黄えんどう豆100%「ZENBヌードル細麺」をつかった夏にぴったりな3つのレシピを紹介します。

  • 持田香織さん考案コピー「さよなら、こむぎ」誕生秘話

何気ない日常生活やお仕事のワンシーンで心を動かされた瞬間をインスタグラムに投稿しているという持田香織さん。コピー採用のきっかけになった6月19日に投稿したZENB ヌードル細麺の写真と一緒に添えられていた一文

「美味しすぎました。さよなら、こむぎ」

ZENBヌードル細麺を食べた瞬間に思わず発した持田さんのまるごと本音の投稿は、ZENBの魅力に共感いただくのに最適なお言葉だと思い、この度コピーとして採用させていただくことになりました。

*持田香織さんのインスタグラム投稿リンク:
https://www.instagram.com/p/Ce-Yl8_P8In/?igshid=MDJmNzVkMjY%3D

ZENB JAPANコメント
持田香織さんのインスタグラムでZENBヌードル細麺を使ったお料理の写真と一緒に投稿いただいた「美味しすぎました。さよなら、こむぎ」という言葉。拝見した瞬間に持田さんの気持ちが伝わり、ZENBの商品を分かりやすく伝えるコピーとしてぴったりなお言葉だと感じ、コピーとして採用させていただきたいとご相談いたしました。特設サイトでは、持田さんのZENBへの思いをプライベートなお話しも交えておうかがいしています。ぜひご注目ください。

持田香織さんコメント

自分が好きなことや、感動したものだけを伝えていきたいと思っていたタイミングに思わず投稿したインスタグラムがZENB JAPANの皆さんの目にとまり、商品のコピーに使用したいとお声がけをいただいた時は本当に嬉しかったですね。私の言葉をきっかけに、ZENBの素晴らしさや美味しさが誰かに届いたら、とても素敵なことですね。

2022年7月28日(木)公開
ZENBヌードル細麺 ×アジアンレシピ1 「タイ風 白つけ麺」
URL:https://zenb.jp/blogs/noodlerecipes/detail_864
タイの「カノムチンサウナーム」という料理をベースにしたレシピ。濃厚なココナッツミルクにナンプラーと鰹節の旨味や塩気をプラスしたつけ汁に、冷水で締めてつるっとした食感のZENBヌードル細麺をつけていただきます。豆の旨味と一緒にパイナップルの酸味、生姜や赤唐辛子のフレッシュで刺激ある辛さや完熟した香りが完璧なバランスで補完しあう味わいに。持田さんも「美味しすぎる!未知で奇跡的なお味!」と大興奮&大感動でした。

<CHOMPOOでもメニューを提供>
第1段レシピの「タイ風 白つけ麺」は森枝さんプロデュースのタイ料理レストラン「CHOMPOO」でも提供予定です。ぜひこの機会に、ZENBヌードル細麺をつかったアジアンレシピをお楽しみください。
・提供期間:2022年7月28日(木)~8月31日(水)
・営業時間:11:30~23:00
・住所:渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO 4F
・店舗URL:https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025862

2022年8月4日(木)公開予定
ZENBヌードル細麺×アジアンレシピ2 「鮎ときざみ香味野菜のつけ麺」
タイでは魚を油で揚げてその身をデンブのように細かくほぐしフレークにして、茹でた麺とインゲンや香草を一緒にサラダのように食べます。今回は日本で手に入りやすい薬味と季節の鮎でレシピを作りました。ポイントは魚をカリッと水分を抜いてあげることです。魚の肝の苦味やナンプラーの旨みに、野菜のみずみずしさが加わり暑い日にもぴったりです。トッピングにナッツなどを入れてもおいしく召し上がれます。

2022年8月18日(木)公開予定
ZENBヌードル細麺×アジアンレシピ3 「ガパオの月見まぜそば」
細麺は挽肉と一緒に食べる時も相性がバッチリです。卵と和えて濃厚な味わいにチリソースを途中でかけて辛味と酸味を加えて味変してください。ちょっと名古屋風な和え麺も麺に主張のあるZENBヌードルと一緒なら具材に負けないで美味しく食べられます。

ZENBサイト:https://zenb.jp

トピックス

Posted by 管理者