シリーズ4作目も制作決定! キアヌ・リーブス主演の大人気アクション大作『ジョン・ウィック』シリーズがdTVで一挙配信スタート

2014年に第1作が公開されて大ヒットを記録し、現在までに3作が公開されている『ジョン・ウィック』シリーズ。そのシリーズ3作が映像配信サービスdTVで一挙配信スタートいたしました。

元凄腕の殺し屋である主人公=ジョン・ウィックを演じるのは、『マトリックス』など数多くのヒット作に出演するキアヌ・リーブス。
キアヌが魅せるド迫力のアクションこそが、シリーズの最大の魅力です。
すべてのきっかけは、殺し屋の仕事から足を洗ったジョンが亡き妻の残した愛犬とともに暮らしていたところに、マフィアが襲撃し愛犬を殺されてしまったこと。
そこから、激昂したジョンの壮絶な復讐劇がスタートし、彼が所属していた殺し屋組織やマフィアを巻き込んで、息もつかせぬバトルを繰り広げていきます。

シリーズの監督を務めるのは、『マトリックス』などの大作映画でスタントやスタントコーディネイターを務めていた、いわばアクションの専門家であるチャド・スタエルスキ。
ガン・アクションとカンフーを融合させた「ガンフー」を中心とした新次元のアクションと、そこに挑むキアヌ・リーブスの身体能力は必見!
ド派手な銃撃戦はもちろん、ナイフや刀を駆使した近接戦闘、スピード感溢れるバイクアクションなどなど、手に汗握るシーンの連続です。

さらに、殺し屋組織のクラシカルな世界観や、照明やカラーリングにこだわり抜いたスタイリッシュなシチュエーションも見どころ。
2023年には4作目の公開が予定されている『ジョン・ウィック』シリーズを、ぜひこの機会にイッキ見してみてはいかがでしょうか。

<「ジョン・ウィック」 シリーズ作品視聴ページ>
https://bit.ly/3JHx2j5

■『ジョン・ウィック』
~あらすじ~
ジョン・ウィック(キアヌ・リーブス)は裏社会にその名を轟かせた殺し屋だったが、愛に目覚め引退。しかし妻が死に、その忘れ形見の愛犬もロシアン・マフィアの手により散ってしまう。ジョン・ウィックは怒りに身を任せ、たった一人、復讐に乗り出す。
~見どころ~
とにかくキアヌ一人対マフィア集団の壮絶なバトルに目を奪われ続ける1作目。多彩なアクションはもちろん、謎めいた殺し屋組織などの世界観を堪能できる。ジョンの旧友・マーカス役で『スパイダーマン』シリーズのウィレム・デフォーが出演。
コピーライト:Motion Picture Artwork (C)2015 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (c) David Lee

■『ジョン・ウィック チャプター2』
~あらすじ~
壮絶な復讐を終えた伝説の殺し屋ジョン・ウィックの元に、かつてジョンのミッションをサポートしたイタリアン・マフィアのサンティーノ・ダントニオ(リッカルド・スカマルチョ)が現れる。用件は、サンティーノの姉を暗殺してほしいとの依頼だった。だが、平穏な隠居生活を望むジョンはその依頼を断る。これに激怒したサンティーノは、ジョンの自宅をバズーカで破壊。愛犬と共に一命をとりとめたジョンは、サンティーノへの復讐を開始するが……。
~見どころ~
次なる敵集団として、イタリアン・マフィアが登場。1作目よりもさらにパワーアップしたド派手なアクションが、さまざまなシチュエーションで展開する。『マトリックス』でモーフィアス役を演じたローレンス・フィッシュバーンとキアヌ・リーブスとの再共演にも注目。
コピーライト:TM&(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

■『ジョン・ウィック:パラベラム』
~あらすじ~
裏社会の聖域である、コンチネンタルホテルでの不殺のおきてを破ったジョンは、裏社会の秩序を厳守する組織から粛清される。賞金を懸けられ、刺客たちと戦いを繰り広げて傷だらけとなったジョンは、かつて“血の誓印”を交わしたソフィア(ハル・ベリー)の協力を求めてモロッコへ向かう。
~見どころ~
今回対峙するのは、ジョンの同種族とも言える「殺し屋」たち。日本の忍者を思わせる敵や殺し屋組織の上層部など、個性的なキャラクターが繰り広げるアクションは必見! ジョンのかつての仲間のソフィア役として、『X-MEN』シリーズのハル・ベリーが出演。
コピーライト:®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

トピックス

Posted by 管理者