「歌の上手さを執拗に訴えるだけ」の島津亜矢&マキタスポーツによる異色のデュエット・ソング配信スタート!

演歌歌手の島津亜矢と、芸人・俳優・ミュージシャンというマルチな顔を持つマキタスポーツによるデュエット・ソング「歌うまい歌」(日本コロムビア版)、「歌うまい歌 歌怪獣Ver.」(テイチク版)の2曲が、12月15日より各音楽配信サービスにて配信スタートした。

島津亜矢とマキタスポーツという異色の関係は、2015年に島津が出場したNHK「紅白歌合戦」での歌唱に衝撃を受けたマキタが、SNS上で彼女を「歌怪獣」と命名したことがきっかけで、その後、お互いのライブへの出演や、テレビ番組での共演で関係性を深めてきた。

今回配信にてリリースされた2曲は、「自身の歌の上手さを執拗に訴えるだけ」というマキタが作詞作曲を手掛けた楽曲を「演歌」というジャンルをも超越する歌声の持ち主である島津と、「芸人一歌が上手い」と自称するマキタが、まさに『ボーカルバトル』さながらに歌い上げる不可思議なデュエット・ソング。

島津は、これまで歌ってきた「演歌」ではありえない世界観の楽曲に対し、「♪歌うま〜い!なんて、私ひとりでは思いつきもせず、恥ずかしくて出来ない事もマキタさんと一緒なら面白がって出来ました」と語り、念願の島津との共演作品をレコーディングしたマキタは、「この歌は、ひとつのメッセージをどれだけ心を込めて歌うことが出来るか?という歌です。コミックソングだけど、単なるコミックソングじゃないんです。亜矢さんは、こんなバカバカしい歌を心を込めて歌ってくださった。感服です。皆さんもぜひTikTokやカラオケなどでチャレンジしてもらいたいです」と、今作の仕上がりを満足気に語った。

そんな二人によるスペシャル対談が、現在YouTubeにて公開中。マキタスポーツがどれだけ島津の歌に尊敬と愛を持っているのか?そして、見る人も釣られて笑ってしまう島津の笑い声が響き渡る対談となっているので、こちらも楽しんでご覧頂きたい。

今年の年末、歌自慢を自称するカラオケ好きの方は、この「歌うまい歌」、「歌うまい歌 歌怪獣Ver.」の2曲に挑戦してみてはいかがだろうか?

◆楽曲情報
2021年12月15日2タイトル同時配信スタート

■「歌うまい歌」 マキタスポーツ×島津亜矢
日本コロムビアからRELEASE

各配信サイトはコチラ
http://lnk.to/UTAUMAIUTA

■「歌うまい歌 歌怪獣Ver.」 島津亜矢×マキタスポーツ
テイチクエンタテインメントからRELEASE

各配信サイトはコチラ
http://lnk.to/shimazu_D251

トピックス

Posted by 管理者