紀里谷和明監督による新作『新世界』のパイロット映像が完成。山田孝之、GACKT出演。主題歌は黒木華が担当 長編制作に向けスポンサーの募集を開始

映画監督の紀里谷和明が新たに手がける作品 『新世界』のパイロット映像を公開しました。本作品には俳優の山田孝之さんとGACKTさんの出演が決定しており、主題歌はLux Omnia Vincit(ラックス オムニア ヴィンセット)が提供し、ボーカルを女優の黒木華さんが担当します。

『新世界』は、紀里谷和明が長年にわたり企画構想を温めてきた近未来の東京を舞台にした作品で、最先端CG技術を生かし、これまで誰も見たことのない新しい表現に挑戦しています。

作品づくりの第一歩となるパイロット映像制作にあたり、クラウドファンディングプロジェクトを「Makuake」で実施。903人の方から総計約1,400万円のご支援をいただき、紀里谷和明が長年パートナーを組むCGプロダクションのエヌ・デザインが制作いたしました。

このパイロット版は、2022年公開に向けた長編 『新世界』 制作の第一歩であり、その長編実現に向け、協力企業パートナーを広く募集します。 これまでの協賛の概念を大きく変える試みが用意されており、既に数社の参加が決定しております。

同時に、映画会社、配信会社、劇場、プロデューサーなどのパートナーも探しています。

詳細は info@kiriya.comまでお願いします。

2020年、社会全体も私たちひとりひとりの日常生活もその前提は大きく崩れ、2021年を迎えた今もなお、先行きが見えない状況は世界中に深く影を落とし、クリエイティブの世界の中で生きる多くのクリエイターたちも厳しい状況に置かれています。そんな厳しい状況になったいまの時代だからこそ、作品の創作過程や発表方法、マネタイズのビジネスまでをアートと捉え、様々な制約条件の中でも真の「クリエイティブ」を追求するためにこのプロジェクトを立ち上げました。

少しでも多くの方に、共感いただきご協力いただけることを願っています。

<ストーリー>

全国を襲った大規模な震災が引き金となり、国のシステムが崩壊した近未来の日本。スラムと化した街には犯罪者が溢れ、8年にも及ぶギャングの縄張り争いが全国各地で激化していた。

中でも浅井、徳川、今川、斎藤を傘下に収める最大の勢力・武田信玄は、今や警察はもとより政界にまで影響を及ぼすほどの力を手にし、影から国をコントロールする存在となっていた。

理想の新世界を求め覇権争いに身を投じる織田の若きリーダー・信長は、襲いかかる今川を返り討ちにすると、続いて斎藤への奇襲にも成功する。これを機に、武田の「奴隷」として生きて行く事に葛藤を覚えていた徳川家康は、幼なじみでもあった信長からの誘いに応え、共に歩む事を決意する。

トピックス

Posted by 管理者