市原隼人主演の大ヒットシリーズ「おいしい給食」最新作の原作本『おいしい給食 チリコンカンと北の友達』(中公文庫刊)をAMG小説・シナリオ学科卒業生が執筆!

エンタメ業界のプロを育成するアミューズメントメディア総合学院(東京都渋谷区、理事長:吉田 尚剛、以下 AMG)では、邦画制作、ゲーム開発、⼩説・イラスト・漫画の出版など、内部にプロのコンテンツ制作環境を持っているからこそ実現できる「産学共同プロジェクト」によって、在校⽣・卒業⽣にエンタテインメント業界でのプロデビューのチャンスを常に提供しています。

俳優・市原隼人が主演を務めるドラマ『おいしい給食 season3』の原作本をAMG⼩説・シナリオ学科卒業⽣の紙吹みつ葉さんが手掛けました。

また、収録されているイラストもAMGマンガイラスト学科の2年生である夢鳥 八重さんと脱兎さん、AMGキャラクターデザイン学科の2年生である優羽さんの3名が担当いたしました。

【作家 紙吹 みつ葉】

東京都生まれ。アミューズメントメディア総合学院 小説・シナリオ学科卒業。2006年『つよきす~Mighty Heart~竜胆館のユーレイ』(ファミ通文庫)でデビュー。映画「柴公園」やドラマ『おいしい給食』の原作本も担当。comicoノベル、チャット風小説アプリ「peep」での連載など多数の作品を意欲的に執筆している。

【書籍情報】

◆著者:紙吹 みつ葉

◆出版社:‏中央公論新社

◆定価:本体740円+税

◆判型:文庫判

◆ページ数:320ページ

◆書店発売日:2023年10月24日

◆ISBN:978-4-12-207428-6

◆商品ページ:https://www.chuko.co.jp/bunko/2023/10/207428.html

【あらすじ】

給食マニアの教師・甘利田幸男が北海道函館の中学校に異動して一年。ここでもほとばしる給食愛を隠している(と本人だけは思っていた)甘利田の前に、新たな《給食道》を歩むライバルが現れた!? その男子生徒の名は粒来ケン。北の地オリジナルの献立、カニメシやカレースープなどに囲まれ、二人の熾烈なバトルが幕を開ける――!

▼ドラマ『おいしい給食 season3』公式サイト

https://oishi-kyushoku3.com/