【大谷翔平メジャー史 最新決定版】メジャーデビューからWBC優勝までの歴史的偉業を今こそ追体験! 現地一流ジャーナリストの取材録が6月29日に発売

WBC優勝までを語った唯一の1冊、『大谷翔平 二刀流メジャーリーガー誕生の軌跡』(文庫版)が辰巳出版の翻訳書レーベル&booksより、6月29日(木)に発売。

2018年にメジャーデビューを果たした大谷翔平。6年目を迎える今シーズンは、MVPと日本人メジャーリーガー初のサイ・ヤング賞のダブル受賞が期待されています。また、シーズン終了をもってフリーエージェントになることから、エンゼルスの大谷が見られる最後の年になるだろうと、米メディアは盛り上がりを見せています。

本書は大谷のメジャー史 最新決定版でありながら、永久保存版の1冊。

野球漬けの少年時代、メジャーデビューの2018年シーズン、有言実行でつかんだWBC優勝まで、大谷の軌跡をたどります。

巻頭では8ページにわたり、オールカラーで大谷の略歴を紹介。エンゼルス入団会見やデビュー戦などの貴重な写真とともに、これまでの活躍をふり返ります。

  • 新人王を獲得したメジャーデビューシーズンの活躍

華々しいメジャーデビューを飾った2018年シーズンは、過小評価された開幕前のスプリング・トレーニングに始まり、シーズン後半は肘の故障により欠場。しかし大谷は打者として躍進し、二刀流メジャーリーガーとしてその実力を証明してみせます。

その結果、日本人では、2001年のイチロー(マリナーズ)以来17年ぶり4人目、投打二刀流としては史上初となる新人王獲得という偉業を達成しました。

そんな歴史的デビューシーズンを、現地一流ジャーナリストが追いました。ページをめくるごとに世界が熱狂と歓喜の渦に包まれた光景がよみがえり、随所に大谷の類まれなる信念を垣間見ることができます。

WBC2023で14年ぶりの優勝を果たした侍ジャパン。その世界一のチームを牽引した大谷の活躍を受けて、『大谷翔平 二刀流の軌跡』(2019年3月刊行)の改訂が決定しました。

ア・リーグMVP(年間最優秀選手賞)を獲得した2021年シーズンや、記憶に新しいWBC2023優勝の記録を新章として追加し、再編集。待望の文庫化となりました。

  • 目次

はじめに

まえがき マーク・ラングストン

プロローグ

第1章 〝ハイ、マイ・ネーム・イズ・ショーヘイ・オオタニ〞

第2章 野球漬けの少年時代

第3章 渡米を踏みとどまった理由

第4章 アマチュアからプロへ

第5章 二刀流の覚醒

第6章 メジャーデビューに向けて

第7章 歓喜の入団会見

第8章 懸念のスプリング・トレーニング

第9章 3月・4月〝翔ショータイム〞の幕開け

第10章 5月 メジャーでも輝く実力

第11章 6月 待ったをかける肘

第12章 7月 打者として躍進

第13章 8月 左投げとの対峙

第14章 9月 二刀流を封じたデビューシーズンの閉幕

第15章 注目の2021シーズン

第16章 有言実行でつかんだWBC優勝

謝辞

created by Rinker
辰巳出版
¥1,540 (2024/02/26 04:41:58時点 Amazon調べ-詳細)
  • 書籍情報

書名:大谷翔平 二刀流メジャーリーガー誕生の軌跡

著者:ジェイ・パリス

訳者:関 麻衣子

発行:辰巳出版 &books

発売日:2023年6月29日

定価:880円(本体800円+税)

体裁:文庫判/264ページ