異例の発売即ロケット重版の宇宙ミステリ小説『星くずの殺人』刊行わずか一か月で海外翻訳オファーが届く!

第67回江戸川乱歩賞を『老虎残夢』で受賞した桃野雑派さんの受賞第一作『星くずの殺人』は無重力状態で見つかった首吊り死体という、ユニバーサルクラスの謎が話題を呼び、刊行後即重版。名だたるミステリ読みたちからも「こんな作品を待っていた」「まだミステリはこんな余地があったのか」と驚きをもって迎えられました。その熱狂は海を渡り、発売一か月にして、韓国から翻訳オファーが届きました。

世界的ファッションデザイナー山本耀司氏も注目

『星くずの殺人』(桃野雑派著)は、2月22日に刊行されるや、「無重力の首吊り殺人」というこれまでなかった舞台設定に注目が集まり、発売後即重版。新聞、雑誌でも書評、インタビューが続き、早くも「2023年を代表するミステリーだ」という声がでています。

著者の桃野雑派さんは2021年、中国南宋時代を舞台とした武俠小説『老虎残夢』で第67回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。破格のデビュー作は、文芸界の注目だけにとどまらず、世界的ファッションデザイナーの山本耀司さんの目にもとまり、「Yohji Yamamoto POUR HOMME」にて「老虎残夢」の刺繍が施されたコートが制作されました。本コートはパリコレクションにて松重豊さんが着用し、ラストショットを飾り大きな話題となりました。

そして今回、発売1か月にも拘わらず、本書の海外翻訳が決定しました。ネクストブレイク作家の新作が発売後すぐに翻訳決定に至るのは、極めて異例のことです。

「星くずの殺人」内容紹介
そんな著者が二作目に描いたのは、格安宇宙旅行が実現化した近未来。3000万円の完全民間宇宙旅行のモニターツアーで、念願の宇宙ホテル『星くず』に着いた途端見つかった死体。それも無重力空間で首吊り状態だった。添乗員の土師(はせ)穂稀(ほまれ)は、会社の指示に従いツアーの続行を決めるが――。
一癖も二癖もある乗客、失われる通信設備、逃げ出すホテルスタッフ。さらには第二の殺人まで起きてしまう。帰還を試みようとすると、地上からあるメッセージが届き、それすら困難に。『星くず』は宇宙に漂う巨大密室と化したのだった。

「星くずの殺人」推薦コメント

★令和のディクスン・カー(候補)が打ち上げる“天上”最高のゲーム!/法月綸太郎さん
★天上に打ち上げられた「推理」という名の実験室!/阿津川辰海さん
★不可思議も不可解もねじ伏せるアイディア量に、圧倒されました。/五十嵐律人さん
★地球を見下ろす、宇宙的ホワイダニットに震えた。/大森 望さん
★どうやって? なぜここで? が一気に解明されるラストが爽快!/潮谷 験さん
★すべてが壮大。舞台も、事件も、真相も。最後の一文が好きです。/辻堂ゆめさん
★周回軌道を漂う極上の謎。大気圏突入(クライマックス)の衝撃に備えよ。/結城真一郎さん

created by Rinker
¥1,771 (2024/06/26 04:27:19時点 Amazon調べ-詳細)

タイトル 『星くずの殺人』
著者名  桃野雑派
判型  四六変形(320ページ)
定価  1,870円(税込)
発売日  2023年2月22日
ISBN  978-4-06-528954-9