松坂桃李、仲野太賀らが“ハロヲタ”を熱演! 実話を基にした大人の青春映画『あの頃。』がdTVで配信スタート

バンド「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシストとしても知られる漫画家・劔樹人の自伝的コミックエッセイ『あの頃。男子かしまし物語』を、『愛がなんだ』『アイネクライネナハトムジーク』の今泉力哉監督を映画化した『あの頃。』が映像配信サービスdTVで配信スタートいたしました。

物語が始まるのは、モーニング娘。を筆頭とした「ハロー!プロジェクト」のアイドルたちがJ-POP界全体を席巻していた2000年代初頭。

好きで始めたバンド活動も上手くいかず、バイトばかりの鬱屈した日々を送っていた劔は、ある時、友人が貸してくれた松浦亜弥のDVDを観て衝撃を受けます。

彼女の明るい笑顔や歌声に魅了され、CDショップに走る劔。そこで出会ったのが、「ハロプロあべの支部」というファンコミュニティに所属するナカウチでした。「ハロプロあべの支部」のメンバーは、それぞれ自分の「推し」を持ち、生活のすべてを捧げるほどハロプロアイドルを愛する男たち。

彼らとの交流を通して青春と呼べる日々を過ごしていく劔でしたが、時の流れとともに徐々にメンバーは別々の道へ。

そんな中、メンバーのひとりであるコズミンが末期ガンに冒されていることが判明し……。

主人公の劔を演じるのは、『孤狼の血』『新聞記者』などの話題作が続く実力派俳優・松坂桃李。

さまざまな役柄を演じてきた彼が、今作では気の優しいアイドルオタクを熱演しています。

松浦亜弥への愛を語り、仲間たちとのバカバカしくも眩しい日々を謳歌する中で、少しずつ自分の道を見つけて歩き出していくーーひとりの人間の変化と成長をフィルムに刻む、繊細な表現力は必見です。

そして、物語のキーパーソンとなるコズミン役に、『泣く子はいねぇが』『すばらしき世界』などで存在感を示している仲野太賀。キレやすくて強がりなトラブルメーカーでありつつ、弱さを抱えたコズミンの姿に、誰しも心を掴まれるはず。

さらに、当時の映像や音楽をふんだんに使用し、原作者自ら提供した私物のハロプログッズなどのリアルな小道具も多数登場。2000年代初頭の雰囲気や名曲の数々に、当時を知る世代はグッとくること間違いなしです。

今泉監督ならではの会話劇で、生きていくことの重みや「推し」を持つ尊さを描き出した大人の青春賛歌『あの頃。』。この機会に、ぜひdTVでチェックしてみてはいかがでしょうか。

■『あの頃。』

~概要~

「あらかじめ決められた恋人たちへ」のベーシスト・劔樹人の自伝的コミックエッセイ「あの頃。男子かしまし物語」を映画化。今泉力哉監督、冨永昌敬脚本で映画化。

~あらすじ~

大学院受験に失敗し、彼女なし、お金なし、地獄のようなバンド活動もうまくいかず、どん底の生活を送っていた劔(松坂桃李)。 ある日、松浦亜弥の「桃色片想い」のMVを見たことをきっかけに、劔は一気にハロー!プロジェクトのアイドルたちにドハマりし、オタ活にのめり込んでいく。 藤本美貴の魅力を熱く語るケチでプライドが高いコズミン(仲野太賀)をはじめとした個性的なオタク仲間と出会い、学園祭でのハロプロの啓蒙活動やトークイベント、また「恋愛研究会。」というバンドを結成しライブ活動を行うなど、くだらなくも愛おしい青春の日々を謳歌する劔。 しかし時は流れ、仲間たちはハロプロのアイドルとおなじくらい大切なものを見つけて次第に離れ離れになり…。

作品URL:https://bit.ly/3Rc6YA1

コピーライト:(C)2020『あの頃。』製作委員会

トピックス

Posted by 管理者