北海道十勝地方・帯広市で始まったと言われる激ウマ タレ豚丼 甘辛いタレのロース肉はやわらかく、肉の脂・ご飯・タレ、それぞれが絶妙に絡み合い、上品でふくよか

養豚業が盛んであった十勝地方の帯広市が「豚丼」発祥の地といわれている。 厚切りの豚肉を砂糖醤油で味付けしたタレでからめ、ごはんの上にのせた「豚丼」は帯広市の名物料理となっている。 昭和初期に帯広市内の食堂で、炭火焼きした豚肉にうなぎの蒲焼き風のタレを使用した丼をつくったのが「豚丼」の発祥といわれている。

なかでもとくに養豚業がさかんだった帯広市が豚丼発祥の地といわれています。 昭和初期に帯広市内の食堂「ぱんちょう」で、炭火で焼いた豚肉に鰻の蒲焼き風のたれをかけ、ごはんにのせたのがはじまりだとか。 スタミナのつく料理として高価な鰻の代わりに、身近な存在だった豚肉を使ったといいます。

赤身が濃厚で霜降り率が高いという特徴を持っている十勝ロイヤルマンガリッツァ豚。 口の中に入れた瞬間にさらっと溶けるような食感と不飽和脂肪酸が多く含まれているのも大きな特徴です。 十勝ロイヤルマンガリッツァ豚の脂の融点は26~28℃。 一般的な豚肉は35~40℃とされている。

トピックス

Posted by 管理者