yama、新ビジュアル解禁!!映画挿入歌の新曲“Lost”先行配信・本予告映像公開!! 新ビジュアル&本予告映像&挿入歌一挙解禁! yamaの挿入歌が光る、涙と希望の本予告映像が到着!さらに、逞しさとエモーショナルな世界観が共存した新ビジュアルも!

2020年のメジャーデビュー以降、フーディを纏ったスタイルで活動してきたyama、ついにフーディを外した新ビジュアル解禁!!
yama自身の苦悩・葛藤・覚悟が感じられ、セカンドアルバム発売・全国ツアーを前に新たなyamaの姿に期待が高まる。

また、10月21日公開、横浜流星主演映画『線は、僕を描く』の劇中で流れる挿入歌の『Lost』の先行配信も8月17日に決定した。
映画の主人公の心情に寄り添った、儚く、切ないyamaのバラード曲となっている。
すでに先行配信となっている主題歌で、Vaundyプロデュース楽曲『くびったけ』とは違った世界感の楽曲に浸ってほしい。

<yama コメント>
物語の重要なシーンで流れるというのもあり、主人公の霧介に寄り添えるように意識しました。
喪失感の中にある悲しみや怒り、やるせない複雑な感情が伝われば嬉しいです。
失われた美しい日々を過去として消化するのは難しいことですが、少しずつ現在に向き合っていく霧介に自分を重ねていました。この楽曲はまさにその変化の過程を表現しています。
楽しんでいただけたら幸いです。

<横浜流星 コメント>
挿入歌「Lost 」は、霧介の心情が丁寧に描かれていて、物語の深みを増してくれた素敵な楽曲です。
個人的にyama さんの魅力である繊細で美しくて、芯のある歌声を最大限に発揮されていると思いました。
今も移動中に常に聴いているくらい、好きな歌の1つになりました。

<百田留衣(agehasprings) 作詞・作曲・編曲担当 コメント>
yamaさんの歌声はとにかく儚くて切ない。
レコーディングの最中、何度も鳥肌が立ちました。
そして霜介が抱えてしまった「悔い」を、
より深く表現出来ている楽曲になったと感じています。
この作品に関われた事を大変光栄に思います。

さらに、涙と希望の本予告映像が解禁となった。
既に解禁済みの特報では水墨画を通した青春の煌めきや主題歌『くびったけ』によってリズミカルな疾走感が描かれ、新たな青春映画の誕生を予感させたが、今回解禁となった本予告映像では横浜流星演じる主人公・霜介が涙を拭い過去と葛藤するシーンを印象的に映し出す。そして、水墨画と出会ったことで自分自身やまわりの人と向き合っていく中で、環境や感情が少しずつ動き出していくようすを描いており、希望満ちた映像に仕上がっている。また、本作の魅力の一つである水墨画を描く姿もかくさまざまなキャラクターを変えて登場し、まるで墨の香りが漂ってきそうな心躍る“センボク”ならではの予告映像となっている。

▼yama『Lost』▼
8月17日先行配信
音源DL/ストリーミングはこちら: https://yama.lnk.to/Qx9UWwWN
※8月17日00:00リンク有効

主題歌『くびったけ』、挿入歌『Lost』は8月31日(水)にリリ―スとなるニューアルバム「Versus the night」にも収録が決定しており、一足早く試聴できるので是非注目してほしい。

9月から開催される全国ツアーは、これまでのキャリア史上最大規模の全国10か所12公演、ファイナル公演はZepp DiverCityでの開催となる。
夏フェスも続々と出演決定しており、精力的な活動を続けるyamaの動きに、今後も目が離せない。

2020年4月にリリースした自身初のオリジナル楽曲「春を告げる」が、MV再生回数1億回、ストリーミングの累計再生回数3億回を突破するなど、2022年も絶えず話題の絶えないyama。
ファン待望のニューアルバムには、映画『線は、僕を描く』の主題歌『くびったけ』、挿入歌『Lost』やABEMAドラマ『恋愛ドラマな恋がしたい~Kissing the tears away~』主題歌『スモーキーヒロイン』、TVアニメ『王様ランキング』EDテーマ『Oz.』、さらにyama自身が初めて作詞・作曲した楽曲『それでも僕は』を含む全13曲が収録。

▼2022年8月31日(水)発売 2nd Albun yama「Versus the night」▼
『Versus the night』予約受付中
https://yama.lnk.to/gLPzR7

トピックス

Posted by 管理者