「紙の王様」とも言われる「越前和紙」を使った『ハローキティの御朱印帳』発売 長年受け継がれてきた紙すきの技法で、ハローキティを漉かし柄で表現。ご当地キティTwitter公式アカウントにて「フォロー&リツイートキャンペーン」開催!

株式会社あすなろ舎(本社:神奈川県大和市、代表取締役社長:石川浩三)では、福井県越前市で1500年程前から作られている「越前和紙」を使った『ハローキティの御朱印帳』を発売中です。

越前和紙の歴史は日本でも一番古く、品質も最高級とされ「紙の王様」とも言われています。

『ハローキティの御朱印帳』の製造者である若越印刷株式会社(本社:福井県敦賀市、代表取締役:徳本泰弘)は、その長い歴史の中で受け継がれてきた紙すきの技法「二層漉き透かし技」で、株式会社サンリオの大人気キャラクター「ハローキティ」を透かし柄で表現した越前和紙を作り上げました。 紙を光にかざすと、ハローキティの顔とリボンが浮き上がって見えてきます。

『ハローキティの御朱印帳』は、製本職人の手仕事による綴じ加工で仕上げられ、表紙には色鮮やかな友禅柄仕立てのハローキティがデザインされた“大人かわいい”商品です。御朱印帳としての使用はもちろん、それ以外にもスタンプ帳やスケッチブック、スクラップブックやご芳名帳などマルチにお使いいただける蛇腹折りの和紙ノートです。

サイズは約16cm×11.3cmと文庫本ほどの大きさなので、バッグにも入れやすく持ち歩きにも便利で、旅行先で御朱印をいただく際にもすぐに取り出せます。また、御朱印帳がバッグの中などで開かないように、信州・飯田市の伝統工芸である“飯田水引”を用いたゴム留めが付いており、ハローキティのリボンをイメージしてデザインされています。

ハローキティの透かし柄が入った越前和紙を使い作られた『ハローキティの御朱印帳』は、ここでしか出会えないアイテムです。

  • 長年受け継がれてきた紙すきの技法で、ハローキティを漉かし柄で表現

ハローキティの透かし柄ハローキティの透かし柄

長い歴史の中で受け継がれてきた紙すきの技法「二層漉き透かし技」で、株式会社サンリオの大人気キャラクター「ハローキティ」を透かし柄で表現した越前和紙を作り上げました。 紙を光にかざすと、ハローキティの顔とリボンが浮き上がって見えてきます。

  • 商品詳細:全9柄

商品名:ハローキティの御朱印帳

発売場所

よろずや十五夜 楽天市場店  https://www.rakuten.co.jp/jyugoya/
よろずや十五夜 Yahoo店  https://store.shopping.yahoo.co.jp/yorozuya-jyugoya/
よろずや十五夜 イクスピアリ舞浜店  https://www.ikspiari.com/shop/shops/1748/

価格:2,420円(税込)、全9柄

サイズ:縦160×横113mm (片面24ページ蛇腹折り)

製造者:若越印刷株式会社  http://www.jakuetsu-print.com/

  • ご当地キティTwitter公式アカウントにて「フォロー&リツイートキャンペーン」開催!

「ハローキティの御朱印帳」の発売記念として、ご当地キティTwitter公式アカウントにて、フォロー&リツイートキャンペーンを実施いたします。
抽選で5名様に「ハローキティの御朱印帳&福井県ご当地キティ根付け」をプレゼントいたします。皆様のご参加お待ちしております。

■キャンペーン期間
2022年6月20日(月)〜6月26日(日)まで

■参加条件
①ご当地キティの公式アカウント「@GOTOCHIKITTY_」をフォロー
②対象のキャンペーンツイートをリツイート

■プレゼント内容
ハローキティの御朱印帳(1柄)+福井県ご当地キティ根付け(2種) :5名様
※プレゼントの種別・柄についてはお選びいただけません
※プレゼントの変更は不可となっております
※当選した権利は、ご本人のみ有効とし第三者に譲渡することはできません
※プレゼント商品の転売はしないでください

■当選・賞品発送
6月27日(月)以降に、ご当地キティ公式TwitterアカウントからDM(ダイレクトメッセージ)にて当選のご連絡をいたします。
※当選のダイレクトメッセージをお送り出来なくなるため、応募期間終了後もご当地キティTwitter アカウント「@GOTOCHIKITTY_」へのフォローは解除されませんようお願いいたします。
※当選者がDM(ダイレクトメッセージ)を受け取ることができない状態であると判断される場合、当選を無効とさせて頂くことがあります。

■応募規約

キャンペーンスタート後、ご当地キティホームページ(https://gotochikitty.com/)に掲載いたします。

トピックス

Posted by 管理者