「佐賀えびすもなか」を明治15年創業の老舗、白玉饅頭元祖吉野屋が開発。佐賀土産の新 定番を目指す 日本一多くの「えびすさま」が鎮座する佐賀をアピール

白玉饅頭 元祖吉野屋(本社: 佐賀県佐賀市 /代表:吉村正則/以下、元祖吉野屋)は、佐賀の新しいお土産として、恵比須様をかたどった「佐賀えびすもなか」の販売を開始しました。新年や結婚、ご長寿など、お祝い事の贈り物としても最適。地元・佐賀にちなんだ縁起物というだけでなく、老舗がこだわりぬいた味も折り紙付きです。現地では早くも好評を博しておりますが、このたび全国にむけてクラウドファンディング「Makuake」で購入受付を開始したことをお知らせいたします。地元・佐賀の方向けのメニューもご用意しました。

「Makuake」タイトル:創業明治15年、元祖吉野屋による佐賀土産の新定番!「佐賀えびすもなか」が誕生!
詳細はこちら:https://www.makuake.com/project/yoshinoya3

11/4にスタートした「Makuake」のクラウドファンディングはリピーター様からの反響が大きく、当日のうちに初期目標を達成いたしました。現在は、ネクストゴールに向けて、12月6日まで応援購入を受けつけております。

「佐賀えびすもなか」は、何かと下を向きがちなご時世のなか「来年こそは明るい年」にという思いをこめてつくりました。オリジナルの型から作った最中の皮は、恵比須様のふくふくした表情が活き活きと表現されています。北海道産の小豆を上品な甘さに練り上げた餡は、自信をもって一番合うと感じたものを選んでおります。見る人の心を和ませ、食べて美味しい逸品に仕上がりました。

サクサクした最中に、別添えのあっさり餡。餡を袋から取り出し、食べる前に最中にはさんでお食べください。パリッとした食感を楽しんでいただくため、個別包装にして最高の状態でおとどけいたします。また贈り物としても喜ばれるよう、パッケージにもこだわりました。

応援購入メニューの「佐賀えびすもなか宅配福々セット」は一緒にオリジナルコーヒーとシールをお届け、「佐賀えびすもなかと白玉饅頭で福々宅配贅沢セット」ではそれに加えて冷凍白玉饅頭をお届けします。佐賀の味をあわせてお楽しみいただけます。

「えびす福々ご来店型和カフェセット×2名様」は初挑戦のご来店メニューです。応援購入いただくと、店舗併設カフェで「佐賀えびすもなかバターサンドバージョン」「抹茶アイスちび白玉饅頭3個と小豆と佐賀えびすもなか添え」「佐賀えびすもなかに合うプレミアムブレンドコーヒー」を2名様でお楽しみいただけます。ぜひこれを機会に、地元の方々との絆を深められたらと思いご用意いたしました。

■「佐賀えびすもなか」開発経緯~白玉饅頭元祖吉野屋ご紹介

明治15年に佐賀市で材木業を営んでいた初代吉村清兵衛が、避暑地としてにぎわっていた川上峡名物として、白玉饅頭を売り出しました。以来、白玉饅頭一筋で地元の皆さまに愛されてきました。亡き先代が20年前に口にした「もなかをしてみたい」という思いと、地元にふさわしい名物をつくった初代の思いを受け継ぎ、当主・六代目は商品化のアイデアを温めてきました。そして長い年月をかけて、新しい佐賀名物として「佐賀えびすもなか」をつくりあげました。「縁起が良く、日持ちのする佐賀の手土産」として、自信をもっておおくりいたします。

トピックス

Posted by 管理者