国内最先端技術を世界へ発信。はばたけ日本のものづくり! 製造業の技術を世界中の新しい製品やアイデアと結びつけるイノベーションプラットフォーム ManuTech とは? シリアルアントレプレナーや、大手上場ITベンチャーの創業者など実業にて実績を残し、投資活動にも力を入れている個人投資家達が、ManuTechの事業性と将来性に賛同し、出資者になっています。

「新しい経済社会の形」に対して、新しいアプローチでサービスを提供するのが技術検索エンジン「ManuTech」です。「ManuTech」を展開するグローバライズ株式会社は、2020年3月に創業した新鋭のスタートアップ企業です。

日本の中に閉ざされたものづくり技術のオープン化を推進し、高付加価値化して世界に送り出すことで多くのイノベーションを創造し、日本経済の発展と共に世界経済の発展に貢献することをミッションとし、創業から間もなくのエンジェルラウンドでは、シリアルアントレプレナーや、大手上場ITベンチャーの創業者など実業にて実績を残し、投資活動にも力を入れている個人投資家達が、ManuTechの事業性と将来性に賛同し、出資をしました。

このエンジェルラウンドは個人投資家4者(個人3名、法人1社)を引受先とする第三者割当増資による、総額4500万円の出資を受け、4者にはビジネスアドバイザーとしても多くの助言、支援を受けながらManuTechを展開しています。

ManuTech は日本の製造業の技術と提携先や発注先としてその技術を探す企業とをマッチングするプラットフォームです。但し、ManuTech の目差すところは単なるマッチングではありません。

ManuTech は、まず製造業に関するありとあらゆる技術情報を収集し、フレームワーク化します。フレームワーク化とは、不定形な製造業の技術情報をデータ化し、そして分類します。最終的には「日本には5千万の技術があります」と言えるようになることです。

さらには需要側と言える世の中で求められている技術をデータ化します。このデータを分析することで、今後の技術マーケットのトレンドも予測することができ、これら需要側と供給側の双方のデータを持つことで、より高度なマッチングを創造します。

https://www.themanutech.com

我が国において、明治期に経済基盤が繊維産業によって作られたことを皮切りに、造船、鉄鋼、自動車、電気機械などの製造業は戦後著しく成長し、雇用の創出や、大量消費社会の実現といった点で日本経済を飛躍的に成長させてきました。

しかし、平成の30年間における産業変遷を振り返ると、バブルの崩壊をはじめ、リーマンショックや、中国、および新興国の急成長、急速な円高など、様々な要因によって製造業を取り巻く環境や産業構造が大きく変化したことから、製造業界は引き続き縮小傾向にあり、厳しい時代が続いています。

我が国の製造業における技術力は世界的に見ても高水準であるにも関わらず、長い間世界的に価値のある最終製品を生み出すことができずに苦しんでいます。日本製品が世界を席巻していた「製品(モノ)」自体に価値があると考えられていた時代であれば、我々が得意とする、高度な技術力を集約した最高品質の「メイド・イン・ジャパン」だけで顧客は満足していたが、近年ではもっと多角的な付加価値を訴求しなければグローバルで戦うことはできません。

なぜなら、テクノロジーの発達に伴い、急速に加速するグローバル化とコモディティ化によって、ボーダレスな企業間の競争が激化し、あっという間にもっと安価な類似品が市場に参入できる世の中になったからです。故に、企業はさらなるデジタルトランスフォーメーションはもとより、これまでの常識にとらわれることなく、今こそ新たに求められる顧客視点とは一体何かを、再定義しなければもはや勝ち残れません。

さらに2020年は、新型コロナウイルスのパンデミックによる経済への空前の破壊的打撃に伴い、製造業のみならず多くの企業が生き残りをかけて必死の努力を続けています。

しかし、ピンチこそが変革のチャンスともいえます。我々の日常生活においても、テレワーク、オンライン学習、オンライン診療など、ITを活用した日常の「ニューノーマル」がどんどん進みつつある。今まさにITを活用して危機を乗り越える「新しい経済社会の形」が求められています。

我が国の製造業における技術力「日本のものづくり」においても、デジタル技術を積極的に活用した新たな情報発信や、自らのブランディングに取り組む必要があることは言うまでもありません。直接海外大手メーカーと手を組み、新たな付加価値の創出(イノベーション)や、巨大な世界市場の開拓に成功したらどうでしょうか。また、そのようなチャンスやアピールの場が安価でシームレスに実現出来たとしたら――。それこそ、我が国の経済を支え続け、高度経済成長に大きく貢献した製造業の復活劇も決して夢ではありません。

以下は、日本の技術力を世界へ送り出すための革新的なプラットフォーム構築に挑戦するシリアルアントレプレナーのグローバライズ社 CEO 日比章善へのインタビューです。

トピックス

Posted by 管理者