主演・辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)!世界初舞台化!「ぼくの名前はズッキーニ」上演決定!!

2002年にフランスで発刊されるや世界中でベストセラーとなった小説「ぼくの名前はズッキーニ」。孤独な少年ズッキーニが、母を亡くしてひきとられた養護施設で仲間や彼を見守る大人たちと出会い、厳しい現実の中でも前を向いて生きようとする姿は、国境や世代をこえて多くの人の心を動かしました。小説を原作に制作された映画アニメーション版は第89回米アカデミー賞長編アニメーション部門、第74回ゴールデングローブ賞長編アニメーション賞にノミネートされるなど世界中の名だたる映画賞を席捲しました。

そして2021年、この傑作小説を世界で初めて日本で舞台化することが決定!!
脚本・演出にはノゾエ征爾を迎えます。 大胆な発想と丁寧な人物描写、音楽劇から野外劇まで手掛ける創作の幅の広さですでに高い評価を受け、今最も熱い視線を集める作・演出家です。これまでにも松尾スズキ原作の絵本「気づかいルーシー」を舞台化して上演するなど、巧みな演劇的手腕を発揮し、ユニークな劇場空間を作り上げてきたノゾエ征爾。彼の手による舞台版「ズッキーニ」は、音楽劇として上演されます。音楽を手がけるのは、SAKEROCKのメンバーとしての活動後、ミュージシャン、作曲家として幅広い活躍をみせる田中馨。注目のクリエイターにより、この作品がどう舞台で表現されるのか、ぜひご期待ください。

主人公・ズッキーニ役を演じるのはジャニーズの人気グループ「ふぉ~ゆ~」の辰巳雄大。様々な舞台作品に出演するだけでなく、TVドラマ「監察医 朝顔」第2シーズン(CX)にも準レギュラーで出演するなど大活躍中の辰巳が、孤独を抱えた少年役に挑戦します。
そしてズッキーニが養護施設で出会う少女カミーユ役は子役時代から現在まで映画、ドラマで多くの作品に出演し、歌手としても活動している川島海荷が務めます。
この二人に加え、稲葉友、上村海成、本多力(ヨーロッパ企画)、三村朱里、伊勢佳世、宍戸美和公(大人計画)、平田満ら実力派のキャストが揃いました。

タイトル:「ぼくの名前はズッキーニ」
原作:ジル・パリス
脚本・演出:ノゾエ征爾
音楽:田中馨
出演:辰巳雄大(ふぉ〜ゆ〜)、川島海荷、稲葉友、上村海成、三村朱里、本多力/
伊勢佳世、宍戸美和公、ノゾエ征爾、平田満

<東京公演>
日程:2021年2月28日(日)〜3月14日(日) 全19公演
会場:よみうり大手町ホール
チケット代:¥10,000(税込・全席指定)
発売日:2021年1月30日(土)AM10:00
お問い合わせ:チケットスペース 03-3234-9999(平日10:00~12:00/13:00~15:00)

<大阪公演>
日程:2021年3月19日(金)〜3月21日(日) 全4公演
会場:COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール
チケット代:¥10,500(税込・全席指定)
発売日:後日公式HPで発表
お問い合わせ:キョードーインフォメーション  0570-200-888(月〜土11:00〜16:00)

公式サイト:https://www.ktv.jp/zucchini/

D’après AUTOBIOGRAPHIE D’UNE COURGETTE de Gilles Paris© Gilles Paris 2002
「ぼくの名前はズッキーニ」日本語版 DU BOOKS 2018年、安田昌弘訳
仲介:(株)フランス著作権事務所- Bureau des Copyrights Français

トピックス舞台

Posted by 管理者